■低HDL−コレステロール血症の発症機序

HDLを構成するアポATは小腸と肝臓で作られます。初めに、アポATにリン脂質を結合した 未成熟HDL(mascent HDL)がつくられ、これが細胞表面に存在するABCA1からコレステロールを引き抜きます。 HDLに取り込まれたコレステロールはLCAT(レシチン−コレステロール アシルトランスフェラーゼ) によりエステル化され、成熟したHDLができます。HDLのコレステロールエステルは、CETPにより LDLなどに転送されます。HDLは肝臓や副腎にあるSR−B1(Scavenger recepter class B type 1) に結合してコレステロールエステルを供給します。SR−B1はHDL受容体の一つと考えられています。 VLDLやCMのリパーゼによる異化が障害されると、HDLの生成が低下します。

低HDL−C血症は、アポATの合成低下、ABCA1活性の低下、LCAT活性の低下、 CETP活性の亢進などでみられます。これらの因子に関与する遺伝子変異も見出されています。 二次的要因では、運動不足、肥満、メタボリックシンドローム、高TG血症、高炭水化物食、 トランス酸摂取、薬物ではプロブコールなどが挙げられます。