高中性脂肪・高コレステロール対策に『高麗人参』

高麗人参』は善玉コレステロールを増やし、悪玉コレステロールの量を減らすので、 高中性脂肪高コレステロール対策にも効果的だといわれています。 高麗人参を定期的に摂取することで血液の中の悪玉コレステロールは少しずつ減り、血液がサラサラになっていきます。 また、高麗人参には血液の中のコレステロールや中性脂肪を分解して体外に排泄させる働きもあります。


■動脈硬化

「動脈硬化」は、いわば血管のサビつき現象で、血管壁に生じた微細な傷に血小板がくっつき、 血管壁に過剰な悪玉コレステロールや中性脂肪が蓄積することによって起こります。 『高麗人参』には、そうした血液中の過剰な悪玉コレステロールや中性脂肪を減らす一方で、 不要なコレステロールを肝臓に運ぶ役目を担う善玉コレステロールは増やす優れた働きのあることが次のような臨床試験でわかりました。


●臨床試験

動脈硬化指数が大幅に低下

その試験では、67人の被験者に、2.7gの高麗人参の乾燥粉末を1日3回に分けて食事前に摂ってもらい、 血液の状態の変化を2年間にわたって調べました。具体的な検査項目は、中性脂肪・遊離脂肪酸・総コレステロール・ 善玉コレステロール・過酸化脂質・動脈硬化指数です。 動脈硬化指数とは、総コレステロールに占める善玉コレステロールの割合から算出する指数のことで、4.0を超えると要注意とされています。

その結果、試験開始の1ヵ月後から全ての検査値に変化が現れ、6ヵ月後になると、明らかな改善効果が認められました。 例えば中性脂肪値を見ると、当初は平均160mg(基準値は150mg未満)と基準値を上回っていたものが、 6ヵ月後には120mgと正常域まで下がりました。 総コレステロール値も、平均260mg(基準値は140〜220mg)から210mgにまで低下。 さらに、善玉コレステロール値は、平均42mg(基準値は40mg以上)から48mgへ大幅に上昇したのです。 そして、血中脂肪の数値がこのように改善した結果、平均で5.5(基準値は4.0未満)を上回っていた動脈硬化指数も 3.5近くにまで低下しました。高麗人参は、脂質代謝の改善によって、血液浄化作用と血管強化作用をもたらすことが証明されたのです。


こうした効果は、高麗人参特有の「ジンセノサイド」を中心とする「サポニン」 によってもたらされるものと考えられます。高麗人参には、約30種のサポニンが含まれています。 それらが相乗的に働いた結果が、このような検査値の改善につながったと見るべきでしょう。


このように高麗人参には、血液を浄化し血管を若く保つ働きによって、 高中性脂肪・高コレステロールから生じる動脈硬化や糖尿病、さらにはその合併症まで 退ける効果が期待できます。そのほか、高麗人参には、抗ストレス作用、精神安定作用、免疫力強化作用、肝機能改善作用も報告されています。