HDLとLDL

コレステロール』とは、脂質の一種で、おもに肝臓で作られています。 コレステロールは、肝臓から不要なものを運搬して体外へ排出する胆汁の原料です。 また、すべての細胞膜の材料として使われ、細胞のはたらきを保ったり、女性ホルモン・男性ホルモンを作る材料になったり、 副腎皮質ホルモンの材料になったりしていますが、皮膚、脳の中にもかなり含まれています。 コレステロールは、本来、身体にとって必要不可欠な存在ですが、 LDLコレステロールが血液中に過剰になると、動脈硬化が促進されてしまいます。 食品でコレステロールを豊富に含むのは、細胞をつくる素材である卵黄や動物の脂肪です。


■HDLとLDL

コレステロールには「善玉」と「悪玉」がある

コレステロールや中性脂肪などの血中脂質は、特殊なたんぱく質などと結びついた「リポたんぱく」 という形で存在しています。リポたんぱくには、比重の低いコレステロール(LDL)比重の高いコレステロール(HDL)があり、LDLは肝臓で作られたコレステロールを全身に運び、 HDLは余分なコレステロールを回収して肝臓へ還流し、動脈硬化を防ぐ役割を果たします。 しかし、血液中にLDLが増えすぎると(3倍以上とされています)、 細胞に入れなくなったLDLは、血液中に溢れ出し、血液がドロドロに変化、 HDLが血液中の余分なコレステロールを回収できなくなり、 余剰コレステロールが血管壁の傷ついたところなどに付着して血管を細くしたり、血管壁の中に入り込みやすくなったりします。 また、血管の壁にコレステロールが沈着した部分が何らかの原因で破れると、 そこに血栓(血の塊)ができて血流を妨げることがあります。 この状態が長時間続くと、血管壁が劣化してもろくなり、いわゆる「動脈硬化」を起こして、 さらに動脈硬化が進行すると「心筋梗塞」「脳梗塞」へと繋がります。 そのため一般的に、HDLが【善玉コレステロール】、 LDLは【悪玉コレステロール】と呼ばれています。 (しかし、最近の研究では、LDLそのものが悪いのではなく、 酸化されたLDLが本当の悪玉であると言われています。) この2つのコレステロールのバランスがとれていれば問題はありません。